歯医者,歯科,ホワイトニング,歯列矯正,無痛治療

歯医者でかかる治療費

歯医者でかかる治療費

 

歯の治療において、通常、すべて保険を受けることができます。しかし、歯列矯正など保険で認められていない方法を希望したり、14カラットを超える金などといった保険で認められていない材料を使ったりした場合は自費診療です。また、金属床の総義歯だと、保険診療の費用と自費診療の費用の差額だけを負担する場合もあります。歯の治療を受ける時は、かかる治療費については事前に歯医者にしっかり聞いておきましょう。

 

保険でできる治療の範囲と内容としては、例えば、もし、金属冠や硬質レジン前装冠、ジャケット冠、ブリッジなどを保険で治療した場合、治療費に加えて、補綴物維持管理料を負担する必要があります。もし2年以内に壊れて新たに作り直したら、その部分の検査費、製作費、装着費は無料です。

 

一方、鋳造歯冠修復、インレーなどの歯を削って、その型をとって模型上でつめものを作ってもとの形に修復する方法では、セラミックや金合金、白金加金などは自費診療ですが、前歯部に金合金、白金加金を用いた場合は差額だけを負担します。

 

また、前装冠という、前歯の虫喰いの部分が大きく、充てんやインレーで回復できない場合、天然歯に類似した色調の材料で表面を覆う方法では、メタルボンド、ポーセレンなどが自費治療となります。そして、ジャケット冠という前歯と小臼歯に用いられ、天然の歯に類似した色調をもつ材料だけで歯冠部の全表面を覆う方法では、ポーセレン、ガラスセラミックは自費診療です。

 

そして、なくなった歯に隣接する歯を削ってかぶせ、それを土台に人工の歯を固定装着するブリッジ、入れ歯などもほぼ同様です。