歯医者,歯科,ホワイトニング,歯列矯正,無痛治療

歯を白くする治療「ホワイトニング」

歯を白くする治療「ホワイトニング」

 

歯をずっと白く保ちたいと願う人は多いでしょう。しかし毎日、歯磨きをしていてもその白さを永遠に保つのは極めて難しいことです。そこで、歯医者さんで行う治療法をホワイトニングと言います。

 

ホワイトニングは1989年、アメリカで実用化された、歯自体を白くする技術です。施術方法は、歯の表面の汚れを落とした後、ホワイトニング剤のペルオキサイドを歯の表面に塗って、ハロゲンライト、レーザーなどを当ててホワイトニング剤を活性化させることで、歯の中にある色素を分解していきます。

 

しかし、ホワイトニングの効果は、個人差がかなりあります。もともと歯の色が濃かったり、子どもの頃に飲んだ風邪薬で歯の色が濃くなったりした人だと、ホワイトニングの効果は低くなります。また、着色性食品が好きな人はホワイトニング後に再着色が早く起こってしまいます。

 

ホワイトニングはメンテナンスが大切です。1回白くすれば終わりではなく、定期的なお手入れをしないといけません。きちんとメンテナンスしていないと、すぐ歯が再着色して元の色に戻ってしまいます。せっかくお金をかけるのですから、ホワイトニングを行った後はこまめにメンテナンスをしながら、真っ白な歯をずっと保ちましょう。