歯医者,歯科,ホワイトニング,歯列矯正,無痛治療

歯医者で使われる「レーザー治療」

歯医者で使われる「レーザー治療」

 

歯周病、神経の治療時の消毒、口内炎の除痛など、一般的な歯科治療にレーザー治療が用いわれています。ホワイトニングや歯肉の黒ずみの除去などの審美治療にも使用されます。

 

歯のレーザー治療は、赤外線の熱エネルギーを使い、歯の感染している部位を蒸散させて除去する方法のことをさします。ちなみに、蒸散とは感染した部位を構成している組織の成分を、瞬間的に分解して粉砕することです。

 

例えば、レーザー治療のメリットは、通常の歯医者の治療と比べて、痛みがとても少ないので、麻酔の使用量をできるだけ少なくできることです。また、殺菌や止血効果が高く、手術後の痛みや腫れもとても少ない点も大きいでしょう。

 

歯医者で使われるレーザー装置もいくつかあります。まず、エルビウム・ヤグ・レーザーは、ごく表層の部分に作用するもので、治療の適応範囲は広いです。最大の特徴として挙げられるのが、歯が削れるとことです。比較的小さめの虫歯なら、麻酔なしで治療することが可能です。そして、歯医者の虫歯治療で一般的な、歯を削る時のあの音もありません。「キュイーン」という音が嫌い、怖いという人も安心して治療を受けることができるでしょう。

 

一方、ダイオードレーザーは、エルビウム・ヤグ・レーザーと比べて到達深度が若干、深めです。主に、軟組織の治療に用いられます。特に止血の点で優れていて、従来の治療よりも歯肉の治りが早いといわれています。