歯医者,歯科,ホワイトニング,歯列矯正,無痛治療

自然の歯に近くなる「セラミック」

自然の歯に近くなる「セラミック」

 

審美歯科の治療の中で、歯医者さんが被せ物や差し歯の素材にセラミック材料、陶器材料でできたものを使う方法があります。これは、金属類を使用するメタルボンドと違い、あらゆる歯の部分に光を透すセラミック材料、陶器材料でできているので、天然の歯にとても近い、透明感のある仕上がりになります。

 

特にセラミックは、見た目がどうしても気になる前歯に最も適しています。また、セラミックは金属類を使用しません。そのため、体に金属アレルギーを持っている患者でも、セラミック安心して治療を受けることができるでしょう。ほかにも、短い期間で歯並び、歯の大きさ、歯の形など治したいと思っていたり、以前の治療できた金属が見えるのが気になっていたり、歯の神経を取り除いたので歯が黒ずんできたりした人にも、セラミックは向いているといえます。

 

セラミックのメリットとして、まず、天然の歯に近い透明感で、自然の仕上がりになることがあげられます。また、患者自らが好みの白さを調整でき、着色汚れがつきにくいことも1つです。さらに、非常に優しい素材なので体への金属アレルギーの心配がない、金属類によってできる歯の根元や歯ぐきへの変色がないことなども大きいでしょう。

 

逆に、セラミックのデメリットは、メタルボンドのような金属類を使用していないので強い衝撃によって治療した歯が欠けたりすることがあることです。