歯医者,歯科,ホワイトニング,歯列矯正,無痛治療

痛みを和らげる「無痛治療」

痛みを和らげる「無痛治療」

 

歯医者というと、ドリルの音がイヤ、怖い、麻酔後が嫌いなど、どちらかというと好きでない人が多いと思います。そんな人たちにおすすめなのが、ストレスフリーな治療、無痛地調です。

 

無痛治療には2種類あります。まず、静脈内鎮静法です。腕の静脈から点滴を入れて麻酔薬を注入し、半睡眠状態にする方法で、胃カメラなどにも用いられています。痛みが怖い人、インプラントなどの手術の際、半分眠っているような状態で治療を終えることができます。静脈内鎮静法は、保険外であり、治療前の食事制限などがありますが、治療後に少し休憩した後、帰宅することができます。

 

もう1つは、笑気吸入鎮静法です。小さな子ども、治療で不安や恐怖がとれない場合、鼻から笑気ガスという亜酸化窒素のガスを吸引して治療の際の緊張を和らげる方法です。

 

ほかにも、歯医者におけるいくつかの無痛治療をご紹介します。オーラスターという無痛電動麻酔器と極細針でゆっくり注射して痛みを和らげる方法、無痛ジェットというピストルのような機械の先から薬を噴射して麻酔をかける方法、表面麻酔というゼリー状やスプレータイプなどの表面麻酔を塗ってから注射を行って完全に痛みをなくすことはできなくとも軽くはできるという方法などがあります。