歯医者,歯科,ホワイトニング,歯列矯正,無痛治療

歯医者で行う「デンタルインプラント」

歯医者で行う「デンタルインプラント」

 

歯医者に行った時、インプラントというポスターや張り紙などを目にすることがあるでしょう。インプラントとは、本来の意味は、欠損あるいは外傷を受けた部位に埋め込むために人工的に作製した器官・組織の代替物とあります。この埋め込むものとは、人工関節・義歯・腱・血管などをさします。

 

歯医者さん、歯科の分野で行われているデンタルインプラントは、患者が歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合、義歯が簡単に外れないよう、骨に直接維持を求めた人工の歯、人工歯根のことをいいます。

 

以前は、歯を失った場合はブリッジ、なくなった歯の両隣の歯を削ってない部分の歯を作ったり、また、取り外しの義歯、入れ歯を作ったりしていました。しかし、ブリッジは削った歯の寿命が短くなり、入れ歯は堅い物をかむと痛み、かむたびに入れ歯が動き、いずれも完ぺきとはいえませんでした。

 

インプラントは通常、純チタンかチタン合金製です。ネジのような形、シリンダー状、歯の根のように先に行く程細くなった形などがあります。インプラントの表面は昔、機械研摩のタイプが主流でした。現在、粗造な表面構造で骨との結合が得られやすいタイプが普及してきました。ブローネマルク社、3i社、ジーシー社などの製品が一般的です。