歯医者,歯科,ホワイトニング,歯列矯正,無痛治療

噛み合わせの異常がトラブルを招く

噛み合わせの異常がトラブルを招く

 

歯並びや噛み合わせが悪いと、身体面や精神面でさまざまな影響を及ぼします。そもそも、歯並びや噛み合わせの異常は、乳歯の時にはほとんど見られません。永久歯が生えてくると、顎の骨の成長などに伴って見られます。

 

噛み合わせの異常では、いろんな種類があります。例えば、歯と歯の間にすき間があるのをすきっ歯といいます。先天的に歯の数が少ない場合や本来の歯の生える時期を過ぎても出てこない場合に起こります。また、乱ぐい歯や八重歯は、顎の成長発育が不十分のに歯の大きさが大きく、後から生えてくる歯の位置や向きに異常が出て、上の糸切り歯の位置や方向が違うと八重歯になります。

 

一方、出っ歯は、上顎が大きすぎたり、下顎の発育が悪かったりする場合です。また受け口は、下顎の骨と上顎の成長に差があったり、下顎の前歯が唇側に傾いていたり、上の前歯が内側により傾いていたりする状態です。さらに開咬は、奥歯は小臼歯部から前歯にかけて上下の歯が接触していない、過蓋咬合は、前歯部で著しく深く咬み合っている状態です。

 

噛み合わせが悪いと、食べ物がうまくかめない、容姿に影響する、舌たらずなしゃべり方になる、虫歯や歯周病になりやすい、顎や顔の成長発育を阻害する、非社交的な性格になりやすい、口内炎になりやすいといったトラブルにつながることがあります。歯医者に相談してじっくり治していきましょう。