歯医者,歯科,ホワイトニング,歯列矯正,無痛治療

歯から美しくなる審美歯科

歯から美しくなる審美歯科

 

審美歯科という言葉を聞いたことがあるでしょうか。一般的に、歯の機能を回復することに加え、患者のライフスタイル、職業などにふさわしい口元をデザインして、自身が持つ本来の美しさ、魅力などを引き出す治療を行う歯医者のことです。一般歯科以上の高い技術力が求められ、さらに豊富な経験、口元をデザインするセンスも重要です。

 

まず、治療前にカウンセリングを行います。歯医者さん自ら、患者がどのようなスマイルを望んでいるか、どのような治療で実現するか、じっくりカウンセリングします。

 

そして、審美治療の例としては、八重歯ややや変色気味の歯の場合、歯医者さんによる審美治療の結果、白くきれいな歯に整います。

 

審美歯科は、歯から美しさを実現します。治療に使う歯科用修復材の質はもちろん、歯医者さんの美しさ感覚、治療設備、リラックス環境も必要になります。これらすべての要素を兼ね備えて初めて、患者が望む歯の美しさが実現します。

 

審美歯科で歯をきれいにすることには個人差があります。理想のギャップを感じる患者もいるかもしれません。笑顔だけをあげても、女性らしさ、男性らしさ、ナチュラルさ、若々しさ、個性的さなど、患者の要望は違いますが、カウンセリングによりより近い治療を歯医者さんがしてくれるはずです。

歯医者で行う「デンタルインプラント」

歯医者で行う「デンタルインプラント」

 

歯医者に行った時、インプラントというポスターや張り紙などを目にすることがあるでしょう。インプラントとは、本来の意味は、欠損あるいは外傷を受けた部位に埋め込むために人工的に作製した器官・組織の代替物とあります。この埋め込むものとは、人工関節・義歯・腱・血管などをさします。

 

歯医者さん、歯科の分野で行われているデンタルインプラントは、患者が歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合、義歯が簡単に外れないよう、骨に直接維持を求めた人工の歯、人工歯根のことをいいます。

 

以前は、歯を失った場合はブリッジ、なくなった歯の両隣の歯を削ってない部分の歯を作ったり、また、取り外しの義歯、入れ歯を作ったりしていました。しかし、ブリッジは削った歯の寿命が短くなり、入れ歯は堅い物をかむと痛み、かむたびに入れ歯が動き、いずれも完ぺきとはいえませんでした。

 

インプラントは通常、純チタンかチタン合金製です。ネジのような形、シリンダー状、歯の根のように先に行く程細くなった形などがあります。インプラントの表面は昔、機械研摩のタイプが主流でした。現在、粗造な表面構造で骨との結合が得られやすいタイプが普及してきました。ブローネマルク社、3i社、ジーシー社などの製品が一般的です。

歯を白くする治療「ホワイトニング」

歯を白くする治療「ホワイトニング」

 

歯をずっと白く保ちたいと願う人は多いでしょう。しかし毎日、歯磨きをしていてもその白さを永遠に保つのは極めて難しいことです。そこで、歯医者さんで行う治療法をホワイトニングと言います。

 

ホワイトニングは1989年、アメリカで実用化された、歯自体を白くする技術です。施術方法は、歯の表面の汚れを落とした後、ホワイトニング剤のペルオキサイドを歯の表面に塗って、ハロゲンライト、レーザーなどを当ててホワイトニング剤を活性化させることで、歯の中にある色素を分解していきます。

 

しかし、ホワイトニングの効果は、個人差がかなりあります。もともと歯の色が濃かったり、子どもの頃に飲んだ風邪薬で歯の色が濃くなったりした人だと、ホワイトニングの効果は低くなります。また、着色性食品が好きな人はホワイトニング後に再着色が早く起こってしまいます。

 

ホワイトニングはメンテナンスが大切です。1回白くすれば終わりではなく、定期的なお手入れをしないといけません。きちんとメンテナンスしていないと、すぐ歯が再着色して元の色に戻ってしまいます。せっかくお金をかけるのですから、ホワイトニングを行った後はこまめにメンテナンスをしながら、真っ白な歯をずっと保ちましょう。